さかな屋くんのこどものミルクをかけたご飯は効果がありました。

忘れられない保育園児がいらっしゃる。そんな私も保育園児でした。50を過ぎたパパが現在だに憶えている保育園時代の他人の弁当。よっぽど打撃があったのでしょう。主人はS君という、デイリー皆さんが潤沢利用していた魚屋さんのお子さんでした。主人の弁当の紙袋は大きかったのです。紙袋の中に何が入っていたかというと、パッケージの感じに入った食事とビンに入ったミルクと白いものが入っていたケースでした。主人は弁当のふたを開け、それにミルクをたっぷりとかけました。まるっきりお茶漬けのときのように。直後ビックリすることをしました。ケースからこれも思い切り白い砂糖を出して、その上からかけてかき混ぜるのです。恰も「ミルク砂糖かけ食事」でしょうか。それを美味しそうに食べていました。デイリーこういうメニューだったような考えも行なう。何だか美味しそうで、家で追っかけをしたような考えもしますが、美味しかったという記憶はなんにもありません。恐らくはそれ以上やらなかったのでしょう。何故こんなメニューが生まれたのだろうと思うのです。徹頭徹尾想像ですが、S君は甘いものが宝物で、ミルクも好きで、食事は嫌いだったのではないでしょうか。家族はやっぱし食事を食べさせようと考案したのが「ミルク砂糖かけ食事」だったのではないでしょうか。主人も、もっと50を越えました。こういうメニューはちびっこに伝わることなく、なくなっている。http://www.intraligi.net/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0_%E9%87%91%E5%88%A9%E3%81%8C%E5%AE%89%E3%81%84%E3%81%A8%E3%81%93%E3%82%8D%E3%81%AF%EF%BC%9F.php