横の家の子が耳よりバスケットボールのグループに加入すると聞いた

横の住まいにいる幼児とおんなじ学年の先一部分下の子が、幼児が所属しているプチバスケットボールに加入する了見で、次養成の観戦に出向くということを奥様から聞いた。おんなじ学年の子は、歩きが少なくコースで頂点の子です。幼児は、年間前からプチバスケットボールを始めているから年間分の経験があるが、気を抜くと直ちに追いつかれそうな気もする。自主養成の密度をあげ、敢然と練習したいなと思った。幼児も取りこぼしられないと思っているようで、シャトルランとか5分間走では、取りこぼしたくないと言っていた。絶対に渡り合えるという激しい心的を持って仲間養成や自主養成に、のぞんで下さいものである。それにしも、これでようやっと3年生は5奴そろった。正直言うと同学年で7〜8奴ぐらいはいてほしい所だが、1仲間分を同学年で合わせることができるようになって喜びです。下の学年も、少しづつ頭数が揃ってきた。幼児が高学年になった時に、凄いチームになり、都フェスティバルにでれるようになれれば良いなと思った。モビットネット完結