風の吹きクライアントとところ衡風の仕事場について勉強した

風の音などについて勉強しました。回転していらっしゃる円板上で運動するものの動きを円板上で円板とともに回転しながら見ると、ものにはその進行向きを曲げようとやるパワーがはたらいているように見える。こういう力を転向パワー(またはコリオリのパワー)といいます。地球上では、ものや風のプランが記録されます。風の吹き者は、基本的に気圧傾度パワーと転向パワーおよびエアと地表のタームのスレ力で決まります。転向パワーは北半球ではものの進行向きに直角右向きに、南半球では直角左向きに行ないます。転向パワーのがたいは赤道では0で高緯度ほど激しく、またものの速度が大きいほど大きくなります。地上から約1kmより高いところでは、エアと地表のタームのスレのインパクトがありません。そのような上空での風の吹き者は、気圧傾度パワーと転向パワーの2つの力で決まります。すなわち、低圧部へ向かって働く気圧傾度パワーと、北半球では風の音に対して直角右向きに、働く転向パワーとがつり合った状態で、風の音は等圧線に平行に吹く。このような風の音をロケーション衡風といいます。まったく勉強になりました。ハーバルラビット ドラッグストア