案内で驚き、オリンピック情報に人工智を配役

今日の関東はさほど、過ごしやすいだ。
…とは言え、温度は30ごとくらいだ。
院内は涼しいですが、お外部は何しろ暑いだ。
でも温度が35ごと弱の日光よりは、明らかに過ごしやすいだ。
温度5ごとの差は大きいですね、なんとも違う。

さて今日の記事を見てたら、もの凄くレポートを見つけました。
「米用紙、オリンピック伝言に人工頭脳」
アメリカの新聞紙オフィスワシントン・ポストオフィスが、リオオリンピックの伝言に人工頭脳を任命とのことです。
こういう人工頭脳はワシントン・ポストオフィスの弊社発明とのことです。
人工頭脳の人名は“Heliograf”(ヘリオグラフ)だそうです。
レクレーション性能を集計、Twitterやソーシャルネットワーキングサービス等で配信します。
この間10日光には、体操の内村航平スポーツマンの金メダル保持もデリバリーしたそうです。

記事伝言に人工頭脳を実施ですなんて、さぞかし21世紀という感じですね。
将来は運動の伝言だけでなく、再び広範に実施との生き方だそうです。
後々いかなるフィールドで人工頭脳が任命変わるのか、期待されますね。