アニメ「ラブライブサンシャイン2期」について

アニメ「ラブライブサンシャイン2期」について書きたいと思います。第12話挿入歌を聞きましたが、素晴らしい曲でした。でも、同時にこれで「ラブライブサンシャイン」は、終わりなのだなとも思いました。9人は離ればなれになりますが、それでもどこかで繋がっているという曲でした。アイドル活動というのは、至って「短命」ではかないものだとも思いました。女性が「花」なのは、若い時だけだと言われているので、それだけに高校生活という制限時間がある中で、光り輝く事を目指す事は難しいものだと思います。「原点回帰」をテーマにしたアニメだけに、「青の装飾」は似合っていたと思います。2期はストーリーに中身がなくて、いまいち力強さに欠けていたと思いましたが、第12話の挿入歌だけに関しては「神曲」であったと思います。演出効果は「ご本家ラブライブ」を上回っていただけに、これで終わりかと思うと寂しいところがあります。ストーリーの流れからして3期は難しそうな感じがしますが、その他の展開に期待します。簡単 キャッシング

飼っているウサギが、最近悪戯ばかり覚えています

ウサギを飼っています。ネザーランドドワーフの男の子です。ちょうどピーターラビットのような薄茶色です。
その子が、最近悪戯ばかり覚えています。ベッドに乗るところから始まり、そこを伝って棚の上や机の上まで縦横無尽に飛び回っています。ちょうど自分のゲージの上に餌があることを知ってしまったらしく、先日、洗濯干しのため目を離したすきに、勝手に食べまくっていました。戻って見つけた時には、お腹がパンパン。叱ってはみるものの、食べ物への執念には敵いません。隙あらばベッドに登って、餌を探しに行ってしまいます。餌を蓋つきのケースにしまって、対処しています。が、次は何が起こるのかわからない日々が続いています。
叱った着後は逃げ回り、謝るように手を舐めてくるのですが、数分経つとムッとした顔を向けてきます。頬の毛が逆立っていたり、目尻がつり上がっていたり、足ダンをして不満をぶつけてくる感じです。今後も生活の中で、ウサギとの攻防は続きそうです。ミュゼ カウンセリング 予約